生えぎわのツルッパゲ対策!見つけ方から育毛まで

ハゲ頭という言葉を聞いて真っ先に思い浮かぶイメージはどのようなものでしょうか。
おそらく頭の天辺が薄くなっている絵であり、生え際から後退しているところを想像したという人は少数派でしょう。
多数派だから良いというわけではありませんが、インパクトとしては少数派の方が強くなります。生え際から後退していくハゲ頭のマイナスのイメージがどれほどのものかが分かります。
手の施しようがなくなるまで進んでしまう前に、然るべき対策をとりましょう。ハゲの仕組みを理解して、正しい方法で手当をすれば、毛生えは可能です。

生え際の後退を見極めるには?

生えぎわの髪の毛は線が細く、顔と頭皮の境界のところは産毛のように繊細です。
ここから少しずつ抜け落ちていく後退の始まりは見きわめが大変難しいと言われています。頭の天辺のハゲ頭も自分の目では普通見えないので、気づきにくい一面はあります。しかしながら髪が太い分、毎日のシャンプーで触ったときなど、髪の量の変化に違和感を覚えやすく、ハゲ頭を自覚する機会も多いわけです。
一方、生え際の後退は写真の一部が徐々に変化する「アハ体験」のようで、まったく変化の意識がないまま、気づいたときには驚くほど変わってしまっていたということが珍しくありません。
見きわめには良い方法があります。スマートフォンの自撮り機能を使いましょう。携帯と自分との距離をしるしか何かで決めておいて、1週間、あるいは1ヶ月という一定の間隔で写真を撮ります。携帯の写真は拡大が可能で、アプリによっては対象物の長さを測ることができます。ふたつの写真を重ね合わせることもできるので、自分の変化に気づきやすいというわけです。

ハゲ頭対策はできるだけ速やかにするべし

禿頭の原因は生活習慣だったり、不衛生な環境だったり、あるいは体質であったりと様々です。しかし、人間の体というのは不思議なもので、大抵の環境にはなじんでいってしまうという性質を持っています。
怪我や病気に関しては命に関わることですので、自己治癒力が備わっており、傷ついた箇所を修復する機能を持っています。しかし、禿頭は直接的に健康へ害を及ぼすものではありません。生えぎわから後退していくことに関して、自分としての焦りはあっても身体の中では毛根を自分の力で修復しようという治癒能力は発揮されません。
放ったらかしにした状態で、どんどんハゲ頭が進行していくと無意識のうちにその現状に身体が慣れてしまいます。
できるだけ早めに対策をとらなければ、発毛や毛生えのために毛根へ養分を運ぶ作業をストップしてしまい、禿頭の進行に歯止めが効かないようになってしまいます。

生活習慣が生え際に与える影響

禿げ頭の対策として最も手っ取り早く自分でできるものは生活習慣の改善です。しかし、人の習慣というのはついつい甘えてしまいたくなるようにできています。生活習慣の崩れがハゲに関係があると頭ではわかっていても、体調に変化がなければなかなか正そうとしません。体質か遺伝の為だろうと、責任を自分以外のせいにしようとしてしまいます。
体調に大きな変化がなくても、日々の習慣の乱れは確実に毛根細胞を壊しています。体調に異変が出てくるというのは、身体からのSOSの最終手段です。自己治癒力で手に負えない場合に、痛みや苦しみといった異常の印を出すわけです。
普段は生活に支障がでないように、万一栄養に多少の偏りがあったとしてもどうにか処理しようとします。毛根にいくべき養分を、別のもっと重要な器官に回すなどして、身体の中では常に応急処置が行われています。
このように、生活習慣の乱れはたとえ体調に変調はみられなくても、実感のないまま毛根細胞に確実な衰退の道を辿らせてしまいます。

生えぎわに優しい育毛トニックはどう見つける?

生え際の頭部の肌はとても繊細です。自分に合った育毛促進剤をきちんと選ばなければ、体質によっては逆効果になってしまう可能性もあります。
できれば頭部全体に使うものとは別に、生えぎわ専用のものを用意することが望ましいです。
生え際の皮膚の下は、顔の肌組織から頭皮の組織に変わっていく境界で、その部分は当然、線を引いたようにきっちり分けられているわけではありません。つまり、頭部の肌の中でも最も複雑な細胞の組み合わせになっているのです。毛根に良い育毛剤も、肌質に合わなければ効き目を発揮できないことがあります。
生え際に優しい毛はえ薬の見つけ方は、まず肌に良い材料が入っているかを確認することをおすすめします。たとえば生薬を使った発毛剤などは刺激成分が少ないので、肌にビタミンなどの栄養を与えながら、一緒に毛根細胞を元気にしてくれる作用があります。

からだを大切にするという基本を忘れずに

髪の毛だけに限らず全身の健康に関わることですが、どんなに効果的な育毛促進剤や薬、サプリであっても健全なライフスタイルに勝るものはありません。病気や怪我は薬の力で治せる場合があります。しかし、ツルッパゲに関してはたとえ育毛剤であってもあくまで補助しかできません。
生活習慣や気苦労など、もとがあっての生えぎわの後退だったり禿頭だったりした場合は、その大もとの問題を改善していかなければ毛はえ薬によって一時的な効能があったとしても、すぐに元通りになってしまいます。
生きている限り、かみの毛との関係はずっと続いていきます。どうしてもケアの行き届かない面で、頼れるところは育毛促進剤などの力をしっかり借りながらも、自分自身の生活を見直していくというある程度の努力も大切です。それは決してきついことだけではありません。栄養バランスの取れた食事、健康的な運動、良質な睡眠、これらは禿頭に効力があるだけでなく、体をどんどん元気にしてくれます。